MENU

【学び】アドラー心理学における「ライフスタイル」の考え方

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「岸見一郎著 嫌われる勇気」で学んだ、アドラー心理学におけるライフスタイルの考え方について説明します。

目次

「ライフスタイル」とは?

アドラー心理学におけるライフスタイルを定義すると、次のようになります。

ライフスタイル
  • 人生における思考や行動の傾向のこと。
  • その人が「世界」や「自分」をどう見ているか、これらの意味付けを集約させた概念。
  • 狭義的には「性格」、広義的には「人生観」や「世界観」と言える。

アドラー心理学では、今の自分は「過去に自分が選んだライフスタイル」により、形づけられると考えます。

©2021 Iori blue

ライフスタイルで「不幸」と「不変」を考える

ライフスタイルという概念を用いると、「なぜ、人は不幸と感じるのか」「なぜ、人は変われないのか」について、答えを出すことができます。

©2021 Iori blue
©2021 Iori blue

このように、不幸に感じる理由は「不幸なライフスタイル」を選んだから変われない理由は「現状のライフスタイル」を選び続ける決断をしたからだとわかります。

ライフスタイルの考え方まとめ

考え方をまとめると、次のようになります。

STEP
今の自分を形づくっているのは、「過去に自分が選んだライフスタイル」だと知る
©2021 Iori blue
STEP
「ライフスタイルは先天的に与えられたものではなく、自ら選んだものであるため、再び自分で選びなおすことができる」と理解する
©2021 Iori blue
STEP
現状が不幸なのは、過去や環境、能力不足ではなく、「ライフスタイルを選びなおす勇気(=幸せになる勇気)が足りていないから」だと理解する
©2021 Iori blue
STEP
以上をふまえて、今のライフスタイルをやめる決心をし、ライフスタイルを選びなおす
©2021 Iori blue

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる