MENU

【学び】アドラー心理学における「似たような言葉」の意味の違い

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「岸見一郎著 嫌われる勇気」で学んだ、アドラー心理学における似たような言葉の意味の違いについて、説明します。

目次

「自己肯定」と「自己受容」の違い

アドラー心理学では、両者の違いを次のように説明しています。

©2021 Iori blue

アドラー心理学では、自己肯定ではなく、自己受容すべきだと述べられています。自己肯定をおこなうと、不健全な劣等感に結びついてしまうためです。

©2021 Iori blue

なお、不健全な劣等感の詳細については、こちらの記事にまとめています。

「他者信用」と「他者信頼」の違い

アドラー心理学では、両者の違いを次のように説明しています。

©2021 Iori blue

アドラー心理学では、他者信用ではなく、他者信頼すべきだと述べられています。他者信頼ができてはじめて、人生の喜びは増していくからです。

©2021 Iori blue

また、他者信頼は道徳的価値観ではないとも述べられています。他者信頼は他者と「横の関係」を築き、対人関係をよくするための手段にすぎないからです。

なお、横の関係の詳細については、こちらの記事にまとめています。

「他者偽善」と「他者貢献」の違い

アドラー心理学では、両者の違いを次のように説明しています。

©2021 Iori blue

アドラー心理学では、他者偽善ではなく、他者貢献すべきと述べられています。他者貢献ができてはじめて、すべての悩みが解消されるからです。

©2021 Iori blue

なお、この理屈の詳細については、こちらの記事にまとめています。

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる