MENU

【学び】アドラー心理学における「縦の関係」と「横の関係」の考え方

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「岸見一郎著 嫌われる勇気」で学んだ、アドラー心理学における縦の関係と横の関係の考え方について説明します。

目次

「縦の関係」と「横の関係」とは?

アドラー心理学では、対人関係を「縦の関係」と「横の関係」のふたつに分類します。両者の違いをまとめると、次のようになります。

©2021 Iori blue

アドラー心理学の対人関係に対する主張

アドラー心理学では、すべての対人関係は縦の関係ではなく、横の関係で築くべきだと主張しています。理由は次の2つです。

理由1

縦の関係を築くと、他者の課題に介入しやすくなるため。

©2021 Iori blue

なお、他者の課題に介入してはいけない理由については、こちらの記事にまとめています。

理由2

縦の関係を築くと、劣等コンプレックスや優越コンプレックスを抱きやすくなるため。

©2021 Iori blue

なお、ふたつのコンプレックスの詳細については、こちらの記事にまとめています。

「縦の関係」から脱出する方法は?

誰かひとりでもいいので、横の関係を築く。これが、縦の関係から脱出する方法になります。理由は次のとおりです。

©2021 Iori blue

「横の関係」を築く方法は?

他者との競争から降りた状態で他者信頼することだと、アドラー心理学では述べられています。

©2021 Iori blue

なお、他者との競争から降りる方法、他者信頼の詳細については、こちらの記事にまとめています。

「横の関係」を築く上でやっていはいけないことは?

相手を「褒めること」「叱ること」です。理由は次のとおりです。

©2021 Iori blue

アドラー心理学では、人が他者を褒める、もしくは叱るときの目的は「自分よりも能力の劣る相手を操作すること」だと考えます。そこには相手に対する感謝や尊厳が存在しないため、アドラー心理学では、相手への賞罰を強く否定しています。

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる