MENU

【学び】アドラー心理学における「課題の分離」の考え方

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「岸見一郎著 嫌われる勇気」で学んだ、アドラー心理学における課題の分離の考え方について説明します。

目次

「課題の分離」とは?

アドラー心理学が提唱する「対人関係の悩みを一気に解決する方法」を意味します。考え方をまとめると、次のようになります。

Thought
課題に直面する。
©2021 Iori blue
Thought
直面している課題を「自分が変えられるもの(自分の課題)」と「変えられないもの(他者の課題)」に分離する。
©2021 Iori blue
Thought
他者の課題には一切介入せず、精一杯の支援のみを行い、自分の課題のみに注力する。
©2021 Iori blue

なぜ、お互いの課題への不介入が大切なのか?

理由は2つあります。

理由1

あらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏みこむことによって生じるため。

©2021 Iori blue
理由2

他者の課題にどれだけ介入したとしても、他者を変えることはできないため。

©2021 Iori blue

課題の分離の具体例

ここからは、課題の分離を、具体的な事例をもとに見ていきます。

©2021 Iori blue
©2021 Iori blue
©2021 Iori blue
©2021 Iori blue
©2021 Iori blue
©2021 Iori blue
©2021 Iori blue

このように、課題の分離では、自分で変えられる自分の課題のみに注力し、他者の課題には一切介入しないことが重要となります。

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる