MENU

【学び】アドラー心理学が「承認欲求」を否定する理由

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「岸見一郎著 嫌われる勇気」で学んだ、アドラー心理学が承認欲求を否定する理由について説明します。

目次

アドラー心理学が承認欲求を否定する理由

他者から承認を求めると、最終的に他者の人生を生きることになるためです。具体的には、他者の期待を満たすことが人生の目的になってしまいます。

©2021 Iori blue

よって、アドラー心理学では、承認欲求を否定する立場をとっています。

人が他者から承認を求める理由

賞罰教育の影響を受けているからだと、アドラー心理学では述べられています。

©2021 Iori blue

承認欲求から解放される方法

「課題の分離」を行った上で、「肯定的なあきらめ」を行うことだと、アドラー心理学では述べられています。理屈は次のとおりです。

©2021 Iori blue

なお、課題の分離の詳細については、こちらの記事にまとめています。

アドラー心理学が賞罰教育を否定する理由

大きく3つの理由があります。

理由1

誤ったライフスタイルに行きつくため。

©2021 Iori blue
理由2

「見返り」が対人関係のベースになるため。

©2021 Iori blue
理由3

「褒める」という行為は、自分より能力の劣る相手を操作する行為であるため。

©2021 Iori blue

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる