MENU

【学び】アドラー心理学の習得方法

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「岸見一郎著 嫌われる勇気」で学んだ、アドラー心理学の習得方法について説明します。

目次

アドラー心理学習得の難しさ

アドラー心理学はすべての心理学のなかで最も習得することが難しい学問だと、アドラー自信が述べられています。アドラー心理学を習得するためには、これまでの価値観を大きく転換する必要があるからです。

©2021 Iori blue

なお、アドラー心理学を本当に理解して、生き方まで変わるようになるには、「それまで生きてきた年数の半分」が必要になると言われています。

©2021 Iori blue

これほどまでに習得が難しい学問が、アドラー心理学になります。

アドラー心理学の習得方法

自分の人生の大きな指針に「他者貢献」を掲げることだと、アドラー心理学では述べられています。アドラー心理学は「他者貢献」という考え方を中心に構成されているからです。アドラー心理学の構成を整理すると、次のようになります。

©2021 Iori blue

この図からわかるように、「目的論」や「課題の分離」、「他者信頼」といった考え方は、他者貢献を行うために必要なマインド作りとして位置づけられています。また、「共同体感覚」や「人生のタスク」、「アドラー心理学の2つの目標」といった考え方は、他者貢献を行うことで得られる結果として位置づけられています。

このように、アドラー心理学は「他者貢献」を中心に構成されているとわかります。

©2021 Iori blue

ですので、人生の大きな指針に「他者貢献」を掲げれば、その前後関係も意識することになるため、アドラー心理学全体を習得できると言えます。

なお、今回の記事で出てきた様々な用語(目的論や課題の分離など)については、こちらの記事でまとめています。

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる