MENU

【学び】アドラー心理学における「権力争い」への対処法

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「岸見一郎著 嫌われる勇気」で学んだ、アドラー心理学における権力争いへの対処法について説明します。

目次

「権力争い」とは?

アドラー心理学では、次のように定義されています。

©2021 Iori blue

相手から「権力争い」を挑まれた時の対処法は?

決して、自分からその争いに乗らない。これが対処法になります。相手からの権力争いに乗ってしまうと、「復讐のステージ」に移ってしまい、当人同士による解決がほとんど不可能になってしまうためです。

©2021 Iori blue

それでは、どうすれば、相手からの権力争いに乗らずにすむのか。それは「怒りという感情を正しく理解すること」だとアドラー心理学では述べられています。怒りを正しく理解できれば、言葉のコミュニケーションでの対応が可能となるためです。

©2021 Iori blue

以上が、相手から権力争いを挑まれた時の対処法となります。

自分が「権力争い」に突入するのを防ぐ方法は?

いくら自分が正しいと思える場面であっても、決して相手を非難せず、自分の中で完結させる。これが権力争いに突入するのを防ぐ方法になります。権力争いに突入するかどうかは、自分が正しいと確信した際に、自己完結できるかどうかで決まるためです。

©2021 Iori blue

それでは、どうすれば、自分が正しいと確信した際、自己完結できるのか。それは「次の2つの事実を理解すること」だとアドラー心理学では述べられています。次の2点を理解できれば、自分の主張を通さなくても、自分の価値はさがらないと理解できるためです。

©2021 Iori blue

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる