MENU

【共有】IMF World Economic Outlook Databaseの統計データ取得方法

こんにちは。Iori blueです。

今回は、IMF World Economic Outlook Databaseの統計データ取得方法について、共有します。

目次

IMF World Economic Outlook Databaseとは?

国際連合の機関の一つであるIMF(International Monetary Fund:国際通貨基金)のデータベースを指し、各国の各種経済指標を、国・地域・カテゴリ別に取得することができます。

具体的なデータ取得方法は?

以下のステップで、データを取得できます。

STEP
IMFの「World Economic Outlook databases」にアクセスする
STEP
最新の「World Economic Outlook databases」を選択する
参照:IMF World Economic Outlook

World Economic Outlook databasesは毎年4月と10月に、最新データが公開されます。

STEP
「By Countries」を選択する
参照:IMF World Economic Outlook

「By Countries」を選択することで、国別データを取得できます。

STEP
「ALL COUNTRIES」を選択する
参照:IMF World Economic Outlook

「ALL COUNTRIES」を選択することで、すべての国(191の国および地域)のデータを個別取得できます。

STEP
「SELECT ALL」が青色であることを確認し、「CONTINUE」を選択する
参照:IMF World Economic Outlook

「SELECT ALL」が 青色であれば、国名がすべて緑色になります。国名が緑色であればデータ取得範囲内、緑色でなければデータ取得範囲外となります。

参照:IMF World Economic Outlook
STEP
取得したいデータ項目を選択し、「CONTINUE」を選択する
参照:IMF World Economic Outlook

ここで、どの項目を選択するかで、取得できるデータが変わります。例えば、「Gross domestic product, constant prices NATIONAL CURRENCY」を選択すると「各国通貨の名目GDP」が取得できます。項目と取得できるデータの関係は次のとおりです。

©2021 Iori blue
STEP
「Start Year」と「End Year」を選択し、「PREPARE REPORT」を選択する
参照:IMF World Economic Outlook

「Start Year」と「End Year」を選択することで、データ取得範囲を指定できます。なお、未来の年度のデータはIMF予測値となります。

STEP
「DOWNLOAD REPORT」を選択する
参照:IMF World Economic Outlook
STEP
STEP6で選択した項目のデータを、Excelファイル形式で取得できる
参照:IMF World Economic Outlook

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる