MENU

【学び】GDPの基礎知識

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「小宮一慶著 「名目GDPって何?」という人のための経済指標の教科書」で学んだ、GDPの基礎知識について説明します。

目次

「GDP」と「GNP」の違い

まずはじめに、混同しやすい 「GDP」と「GNP」の違い について説明します。両者の違いをまとめると、次のようになります。

©2022 Iori blue

イメージは次のとおりです。

©2022 Iori blue

GDPにおける付加価値とは?

売上から仕入額を差し引いた金額を指します。イメージは次のとおりです。

©2022 Iori blue

この考え方をベースに整理すると、最終製品やサービスの売上金額は付加価値の合計額と同じになります。パンを事例に考えると、次のようになります。

©2022 Iori blue

前述した「GDP=付加価値の総額」を踏まえると、「GDP=最終製品やサービスの売上総額」と言いかえることができます。

GDPの三面等価の原則

GDPは「生産」「分配」「支出」のいずれの面から算出しても同じになるという経済学上の原則があります。これを「三面等価の原則」と言います。名目GDP(実際のGDP金額)で比較すると、次のようになります。

(出所) 内閣府「2020年度国民経済計算年次推計」をもとに Iori Blue作成
(出所) 内閣府「2020年度国民経済計算年次推計」をもとに Iori Blue作成
(出所) 内閣府「2020年度国民経済計算年次推計」をもとに Iori Blue作成

このように、GDPは「生産」「分配」「支出」のいずれの面から算出しても同じになります。

なお、分配面のGDPの内訳を見ると、私たちの給料である雇用者所得が53%を占めています。これは、GDPが増えると、私たちの給料の源泉も増えることを意味します。

また、支出面のGDPを見ると、次の式が成り立っており、需要と供給の関係にあることがわかります。

©2022 Iori blue

生産面・分配面・支出面のGDPデータ取得方法

内閣府のホームページから取得できます。詳細はこちらの記事にまとめています。

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる