MENU

【学び】食べすぎが「脳病リスク」を高める理屈とその対策

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「青木厚著 「空腹」こそ最強のクスリ」で学んだ、食べすぎが脳病リスクを高める理屈とその対策について説明します。

目次

事前知識

この記事で紹介する内容は、糖尿病の発症メカニズムミトコンドリアオートファジー機能脂肪がもたらす弊害の知識があると、より深く理解することができます。これらの詳細は、こちらの記事にまとめています。

食べすぎが脳病リスクを高める理屈

理屈をフロー図にまとめると、次のようになります。

©2022 Iori blue

このフロー図に出てくる用語に関しては、こちらの記事にまとめています。

加齢と運動不足がもたらす影響

食べすぎによる脳病リスク上昇は、加齢と運動不足が重なると、さらに加速されます。理由をまとめると、次のようになります。

©2022 Iori blue

このように、加齢と運動不足により、食べすぎにより悪化する体の機能がさらに悪化するため、食べすぎの弊害が加速します。

脳病リスクを下げる方法

16時間ものを食べない時間を作る「16時間断食」を取りいれながら、適度な運動をおこなう。これがベストな方法となります。16時間断食をおこなうことで、食べすぎによる脳病発症を予防でき、ここに運動を加えることで、予防効果をさらに高めることができるためです。

©2022 Iori blue

なお、16時間断食の具体的な方法については、こちらの記事にまとめています。

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる