MENU

【学び】減量中の炭水化物は「十割そば」が最強である理由

こんにちは。Iori blueです。

今回は、「NEXTFIT kento著 忖度なしの栄養学」で学んだ、減量中の炭水化物は「十割そば」が最強である理由について説明します。

目次

十割そばとは?

つなぎを使わず、そば粉だけで作ったそばのことを「十割そば」と言います。そばは「そば粉」と「つなぎ」の比率によって、呼び名が変わります。詳しくは、こちらのサイトがオススメです。

十割そば – 知る・学ぶ・楽しむ | 日本製粉株式会社

減量中の炭水化物は「十割そば」が最強である理由

大きく2つの理由があります。これから詳細について説明します。

【理由1】カロリーが低いため

十割そばは白米、玄米、オートミール、パスタに比べ、炭水化物や脂質の含有量が少ないため、カロリーが低い特徴があります。これらの食材の成分含有量を比較すると、次のようになります。

(注) オートミールは、水でふやかした後の重量=100gで算出しています

(出所) 本書に記載されていた表をもとにIori blue作成

カロリーが低いと、アンダーカロリーになりやすいため、体重も落ちやすく(=瘦せやすく)なります。アンダーカロリーと体重減の関係については、こちらの記事にまとめています。

【理由2】GI値が低いため

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食後の血糖値の上昇度を示す指標になります。GI値の高い食材を摂取すると、脂肪が分解されにくくなるため、体重が落ちにくくなります。理屈を整理すると、次のようになります。

©2022 Iori blue

十割そばは白米、玄米、オートミール、パスタに比べ、GI値が低い部類に入るため、脂肪分解が阻害されにくく、痩せやすい食材と言えます。これらの食材のGI値を先ほどの表で比較すると、次のようになります。

このように、十割そばは、カロリーとGI値が共にトップレベルに低い唯一の食材であるため、減量中の炭水化物の中では、十割そばが最強だと言えます。

十割そばを食べる際の注意点

十割そばは単体では最強の食材なのですが、食べるときの「めんつゆ」の量が多いと、十割そばの低カロリー効果が薄れてしまいます。めんつゆのカロリーは次の記事にあるように、1カップ(200g)あたり88kcalもあるためです。

めんつゆ – カロリー/栄養成分/計算 | カロリーSlism

ですので、十割そばを食べるときは、「できるだけめんつゆの量を少なくする」「めんつゆを最後まで飲み干さない」ことが重要となります。

今回は以上です。それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる